• 管理人

ちょっと大切なおはなし


Hallelujah!

コロナウイルスの影響で、何かと我慢をしたり不安な気持ちになってしまう状況がまだ続いています。

世界規模で「見えない敵」と戦っている今、確実に、私たちは不安と恐怖に晒されていると言えます。我慢しなければならない状況や、自粛せざるを得ない状況、これまでの当たり前にあった生活が制限されてしまう状況は、私たちの心や体を疲弊させてしまいます。「これがいつまで続くのか」という見通しが持てない状況や、テレビ、インターネット上の情報がさらに不安を助長させてしまうかもしれません。

まずは、今この状況、私たちの気持ちをありのままに受け止めましょう。

「疲れた」「不安」「イライラする」

これは、こんな非常事態においては当然の反応です。まずは疲れてしまっている自分に気づくこと、それに気づくと「そうなるのも無理はない」という状況を受け入れることができます。

その上で、「じゃあ自分には何ができるのか」「自分や家族を守るためにどのように過ごすのか」を具体的に考えることができます。きっとむやみに我慢をしたり、自分に制限をかけたりしなくても良くなります^^ 

ネットやテレビの情報から少し距離を取ることもできるかも。

まずは焦らず、不安や恐怖で疲れた自分の心をねぎらいましょう。

「疲れたよね。でも大丈夫だよ」

しんどい時だからこそ、泣いたり怒ったりすることを自分にも、家族にも、周りの人たちにも許してあげましょう。

お子さんがいる子育て家庭においては、より不安が大きくなっていることと思います。

子どもは、何かが起こった時、親や周囲の人の表情を見てその時の状況を判断(大人の表情を参照)することがあります。私たちが必要以上に不安がったりすることなく、いつものようにドンっと構えて子どもを受け止めましょう。大事なことは、子どもをとり囲む私たちがどう振る舞うか、です。だから、今一番大切なのはお父さん、お母さんや、私たちの「心の持ちよう」なのです。

自分が安心して過ごせる工夫を考えたり探してみましょう^^

子どもと力いっぱいかけっこしたり、ストレッチで体を動かしてみたり、コーヒーで一息ついたり…こんな時だからこそ、まったり映画を観るもの良いかもしれません^^

(ちなみに管理人は、マスク作りにハマるという自分の新たな側面を発見してしまいました笑)

一人で抱え込むと、負のスパイラルに陥ってしまいます。

「もう疲れたー!」と思ったら、吐き出してください。

そして、必ず、この困難を一緒に乗り越えましょう!

ハレルヤ、ハレルヤ、Hallelujah!


0回の閲覧