• 管理人

Omareせんせい、ありがとう!


hallelujah!!!

今日はとっても寂しい日。

3か月間一緒に過ごしたオマレせんせいのケニアへの旅立ちのため、お別れ会を開きました。

オマレせんせいと過ごした日々を記念して、ハレルヤこども園の代表きりん組さんと記念植樹!

きりん組さん全員が、一人ずつオマレせんせいと土を入れて水をたっぷりあげました。

しっかり根を張って、しっかり育ちますよーに!ハレルヤ!

植樹が終わってパラティでお別れ会^^

各クラスそれぞれで、気持ちのこもったお歌やことばを伝えました。

あひるさんはオマレせんせいと一緒に歌った讃美を愛嬌たっぷりに♪

うさぎさんとりすさんは賑やかに合同で^^

オマレせんせいのお別れ会の数日前から寂しさを感じていたけれど、上手に甘えたり伝えることができず頑張ってガマンしていたAくん。この日、ちゃんと「さみしい」が伝えられました。〈管理人、泣き〉

みんな、オマレせんせいが大好きでした *^^*

最後はきりん組さんのお歌とお別れのことば。年長さん、「お別れ」を意識していたからか、お歌には迫るものがありました。

クラスの出し物が終わるとこどもたちからオマレせんせいに自由に一言。

オマレせんせいと過ごして「ケニアに行きたい」って思うようになったBちゃん。普段から積極的にオマレせんせいと関わって、オマレせんせいのことが大好きだったから、とっても寂しかったと思うけれど、頑張って「あそんでくれてありがとう」が伝えられました。〈オマレせんせい、すごく嬉しかったと思うよ!〉

以上児クラスのみんなで空港までお見送り♪〈…「オマレを探せ」状態。〉

連日の猛暑で熱中症がとっても心配でしたが、こどもたちが屋上に上がると「雲の柱」がもくもくと現れて、気持ちのいい小雨。イエスさま、ありがとう。

オマレせんせいと過ごした3か月。

人と人との絆って「ことば」じゃないんだなぁとしみじみ感じた3か月でした。こどもたちとオマレせんせいはことばを超えて、しっかりと「こころ」で繋がっていて、ちゃんと通じ合っていました。それは、きりん組さんはもちろん、小さいクラスのお友達に至るまで。年齢も、肌の色も、言葉の違いも超えて、大切なことは「普遍であって不変」なんだと感じました。

こどもたちとオマレせんせいを見ていて、保育の原点を振り返りました。大事なことを教えてくれたこどもたちとオマレせんせいに、心からありがとう。

hallelujah♪


0回の閲覧