• 管理人

今日から保育を再開しました



   まず園庭に入る前に親子の体温チックです。

   

   


園庭側のテラスで手指の消毒と保護者によるチエック表の記入をお願いしました。


   

  


久しぶりに朝の園庭がにぎわっていました。

   

   


    男の子はやっぱりサッカー。

    ボールの的がタイヤの中心です。

    古タイヤで、

    挑戦、集中の遊びが工夫されました。

   

   

   


   蹴ったボールが、

   タイヤの中心の穴を抜ける友達もいました。

   大人もビックリ !!!です。

   思わず拍手喝采。

   


   ロッキンパッキンのコーナーで静かに遊ぶお友達。

   

   


   ちぎった葉っぱが、お金になったりお野菜になったり、

   同じものを集めるのが好きです。

   そして、「いくつ?」と尋ねると、

   1、2、3、……と数えてくれます。

   数や量への関心が芽生えています。

        

    


    ままごととはチョット違う集まりでした。


    堅い地面をコンコンとたたいていると、

    今まで違う色の細かい土に興味を示していました。

    泥んこ遊びの赤土とは確かに違う土ですが、

    まずは、違いに気が付いていることが大切な経験です。

    園庭は与論の二つの違う土でできています。

    先ずは、違いを実感できたことがよかったです。

    

   



       

       水場の近くの僅かな砂でトンネルを作っていました。

       水を上手に使うことで作業がはかどります。

       分担作業が始まっていました。

      

       


        そして、気が付けば先ほどの子ども達と他の子ども達で、

        より大きな仕事に発展していました。

        上の子ども達が加わり、動き方もダイナミックになり、

        大きな川ができました。

        トンネル?  橋?

        長い大きな川ができました。

       

       


        自由遊びが終わり、子ども達が去った後、

        何か……、

       「充実感の漂う不思議な静寂」です。



        昼食の時間です。

        小ホールで目いっぱい広がって食べています。

        不思議とこのスタイルは、

        静かに食べることのいい条件となっています。




        学童さんの給食の準備です。

        館長のただこ先生が、

        遊具や絵本の消毒などを頑張って、

        今日からの活動に備えてくださいました。

       



        今日は小学生の来館が少なく、ゆったりとお食事ができました。


79回の閲覧